PROFILE
Dance-Planets

この2/11(祝月)に、演舞集団「紅神楽」の公演を見に行って来ました。

この団体は、演劇の世界では殆んどやった事が無い!! という“和室”での公演という事で、“思い”が非常に熱く その熱気が感じられる公演でした。しかも、スタッフも含めて全て女性!!
写真は、その公演後の打上げに失礼した時のものですが、本当に私一人だけが男性でした!!!
久し振りに、女性だけに囲まれた一瞬でした!(笑)

****
オリジナル楽曲「静寂の中で」****

この公演でのストーリーは、私のオリジナル楽曲をヒントに主宰者の勝倉さんがストーリーを創り上げ、台詞を言うだけでは無く それを演舞として表現出来る団体にしたいとの事で結成し公演した作品となりました。

演劇の世界でも、色々と変化が起きて来ているのですね!

音楽の世界でも、総合芸術は“オペラ”“ミュージカル”と言ったジャンルが有りますが、此処に来て 新たな方向付けが必要になって来ているジャンルでも有ります。
具体的に「どう こう〜 」とは今の段階では言えませんが、少なくとも昔から在る形態での演奏方法では 最早一般には受け入れられない時代になっていると考えられます。その理由として、どうしても演奏者は評論家などの専門家の方々にしか目を向けていない という傾向が強いからなのです。

芸術とは、時代の変化を敏感に感じ取り変遷させて行かないと、取り残されてしまう状況になるのは明白です。かと言って あまり斬新な事を求めても、今度は表現する方にその能力が備わらないと駄目になります。
「表現」とは難しいですが、この試行錯誤を繰り返す事により何か新しい世界が見えて来ると 今の私は信じて活動しています。
作曲家としての私の方向性が、今回この「紅神楽」公演を通じて確信に変わった事を見付けられた様な気がします。 お互いの今後が楽しみな日(公演)となりました。


勝倉さん
“音楽”と“演劇”の饗宴、共に頑張りましょう〜!!!

新しい可能性を求めて、取り組んで行きたいと思う活動を少し紹介したいと思います。
                      様々なグループとの交流の中で感じた事を“内海流”に解説します。

紅神楽

仙台

公演

“紅神楽”の太夫(役者)&スタッフの皆さんと

クリエーター達が集まって、色々な企画を形にしていく集団「Vivid CLUB」
作家・イラストレーター・音楽家・エンジニア・プロデューサーなど それぞれの道のプロが集まって、一つの作品を創り上げる集団として活動しています。 私は、このグループで“音楽総括”として頑張っています!!

コンセプトは「心を持つ作品創作」
今の世の中 デジタル作
品が主流となってしまい、本来の“手作り感”が殆んど失われた作品が多い中、もう一度原点に戻って作品を創り上げる事を趣旨としています。 つまり…!
私が創作する音楽も、“生楽器による演奏”での創作になります。

人間の演奏以外に“感動する音楽”など在り得ない!

そういう気持ちで、今は演奏・作編曲活動をしているのです。
作曲家と言うより、クリエーターとしての仕事となりますね♪
そして…
此処に、一つの作品が世に出ました。
着ドラとして、携帯へダウンロードして聞いて頂く作品となります。


題して 
「サヨナラなんて言わないで」


配信元は『pompy』の公式サイトからダウンロード出来ます。
http://pompy.mobi/ <au・softbank限定>

携帯で聞けない方も、PCで予告編は聞けます!
左に有る“絵”をクリックして『pompy』のサイトを覗いて下さい。
そこからダウンロードして‥


次回作も決まっていますので、乞うご期待!

紅神楽

総合クリエーターズグループ


2008/9/11

2009/4/27

X-TLiM

サークル

昨年の11月、ミュージカルドラマの音楽創りを外部の作曲スタッフからという事で募集していた「X-TLiM」
東京・横浜を中心に活動しているボイスドラマクリエーターサークルです。

その「X-TLiM」が創作した作品と言うのは
「M3-2009春」で発売するCD

オーディオミュージカル『蒼天ユグドラシル』



北欧の神話を基に創られているボイスドラマミュージカル
2曲ほど作曲しましたが、このストーリーの中で大事な要素を占める部分の音楽だっただけに、非常にやり甲斐も有り 楽しく作曲しました☆
個人的にも大変興味の有る分野だっただけに、完成して嬉しいですねぇ〜♪

2008/2/18



ミュージカルとショーの舞台
劇団メリーゴーランド

2012/9/8

昨年の春、ひょんな事から音楽部門のクリエータースタッフに★

そして今年(2012年)の8月
17日(金)・18日(土)の二日間 3公演が行われ、何とか無事に音楽劇の音楽を
披露する事が出来ました☆ ← 曲数は何と全部で39曲でした〜(笑)

まだ立ち上げて3年目の若い劇団で、しかもメンバーは全員が女性です。
「宝塚の様なミュージカルとショーの舞台で構成される劇団を関東で作りたかった!」
と言うだけあって、皆さん 凄いパワフルです!!

そんな 『思いの強さ』 に惹かれたのかなー
クリエータースタッフに入れてもらっちゃいました♪(;^_^A


是非、今後の公演を楽しみに待っていて下さい☆★ ^ ^


竹音工房
篳利胡製作所

2009/10/27

数年前に知り合ったバンブーサックス奏者の光平さん。
バンブーサックスを改良し「篳利胡」(ヒチリコ)という楽器を自ら製作もしています。
あまり日本では馴染みの無いバンブーサックスですが、数少ないバンブーサックス奏者として活動しています。 そのバンブーサックス奏者である光平さん
若い頃はサックスでジャズ等を吹いていた様です...★

今回、私と光平さんとで、「クラシックの名曲をバンブーサックスで」という事で
アレンジ・伴奏用のピアノ音源を私が作成し販売して行く事になりました。 題して♪

『竹音工房楽譜プロジェクト』

他の移調楽器でも吹ける様に、楽譜は揃えて有ります。
是非!覗いて行って下さい☆

竹音工房
楽譜プロジェクト


Saxophone ensembre
FERIAS

2011年の1月に旗揚げしたサックス・アンサンブル

アンサンブルユニット「α-Canopus」のメンバーでも有り、異彩を放つサックスプレーヤー
「白水徹」をインストラクターに迎えての新団体です☆

アマチュアのサックス団体としてはあまり多くない様ですが、プロの人達にも負けない
素敵なサウンドと企画力で、演奏活動して行こうと思っています★



乞う ご期待
!!

2011/5/2


音楽劇団 シャラパン

2013/5/16

2012年の秋に創設された音楽劇団  ネコとうさぎ だそうです♪(^-^)

大貫アイを代表とするこの劇団は、オペラ俳優・役者・ダンサーなど
多岐に渡るジャンルの人間を集め、そして舞台作品の創作に向けて日々の稽古に励んでいます

そんな中、私は作曲・音楽監修などを努め、そしてまた側面からサポートなども行なっています。